忙しい週末、ふたたび…

 9月9日

 先日の台風は関東地方直撃でしたが、幸いにも我が家の被害はまったくと言ってよいほどありませんでした。
 今日も恒例のお散歩に出かけてのんき顔の銀じですが、ワタクシ(と母)は昨日リフォーム大作戦の第二弾(私にとっては、ですが)に出かけておりました。

 


 上の写真は前回の作業終わりの様子、これしか塗れなかった。下は今回塗り終わったところ。
 ムッシュ・ムラムラ(何時代の人?)に見えますが、 肉眼ではこれほどムラムラではありません、あくまでストロボを使って撮影したためです。ホントだってば!
 あ!それからマスキングが進歩していますね。この分大胆に塗れました。

 おおよその仕事が片付き、「何時だろ?」とケータイを見ると10時半ごろに「パタリン。」さん(掲示板でおなじみ)から電話が入っていたことに気が付きました。(なんと6時間も気付かなんだ、ゴメン)すでにこのとき、前回帰路についた時間より過ぎていましたので、帰ってから「なに?どーしたの?」とメールを打てばいいやとそのままにしました。

 4時間かけて帰り着き、食事をして落ち着いた頃メールをしてみると「(秋山工房の)ミチルさんちが大変な事に…」との情報。水道の蛇口からコーヒー牛乳が出ている件かとおもいきや、「土砂崩れで工房が全壊」とさらにショッキングな情報。

 考えてみたら休みの日はほとんどネットにつなぎません。よって、そのへんの情報も皆無。もしこの日の朝までにこのことを知っていたなら、のんきに天井を塗っている気分じゃなかったと思います。この前に住んでいた家と秋山とはさほど離れていないだけに、ちょっと足を延ばして顔を見るだけでも…とか思っていたことでしょう。しかし、どうせ何の力にもなれないならまるっきり知らなくて良かったのかもしれません。知らぬが仏とはこのことか…。

 二日連続で首都高越えをすることを本気で考えましたが、どうせ行っても何も出来ないでしょうし、それどころか足手まといになるかもしれません。こうした時は本当に自分の無力さを痛感します。せめて…なにか…

 

 不幸中の幸いでニンゲンと動物は9日現在全員元気とのこと。ワタクシにはそれがせめてもの救いでした。

 工房の建物は保険がおりるようで、それもいくらかの慰めになりますが、建物の中身に関してはダメみたいです。失ったものは多いでしょう。モノばかりじゃなく、心についたであろう傷も心配です。

ブラウザの「戻る」ボタンで戻って下さい

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー