怖い?

 2月9日

 今日は日差しがなくてお散歩日和とは言いがたかったんですが午後から雨が降るとの予想だったので、午前中のうちにお散歩に出かけました(その後、東京都心では雪が降って積雪もあったようですね。でもこちらでは全く雪の姿は見ませんでした。房総バンザイ!)。

 お散歩コースにある田んぼではいよいよ今度のシーズンの作業が始まったようです。
 ユンボをのせてきたとおぼしき車に銀じ、少々ビビリ気味。さて上手に通れるかな?

 

 怖いというより「不気味だ」と思っているんでしょう。尻尾が股の間にはさまれていないので、怖がっているのではないようです。
 慎重にそろりそろりと歩を進めます。

 

 無事通過完了。
 実は通過を始めるまでに“ため”の時間がありました。
 その時間内はたぶん、強く引っ張っても動こうとはしなかったのではないかと思います。

 ロバ・馬の類ではこうした時間は大切です。見慣れないものを怖がり警戒するのは本能で当然の事ですから、無理やり近づけようとしたりするのは逆効果ではないかと思います。
 まただからと言って、そうしたものに近づけないようにニンゲンが仕向けるのも問題でしょう。

 よ〜く観察させどのくらい怖いものであるかを見極めさせ、本人(本ロバ・馬)が自分で判断する。そしてできればそれを克服させる…というスタンスが重要であるとワタクシは考えます。
 怖いものは怖い、それでいいと思います。
  「…でもそれほどでもないかな?」と本人(本ロバ・馬)が思ってくれたらラッキー!わけもわからないけれど怖いものなど、世の中にないには越したことはありません。

 考えてみるとお散歩を始めたばかりの頃の銀じは、怖いものがもっと多かったように思います。
 水が出て避難した時は、本当に苦労をしました。なにせ、道路に引かれている白いラインがまたげなかったのですから。(それから道路のアスファルトとコンクリートの境目もまたげませんでしたね。いまだにグレーチング(ドブのフタのアミアミ)は近づけませんが…)

 

 今回は後姿ばかりだったので最後にサービスカット。
 今日10日撮影の銀じです。

 あ!そーそー!忘れるところでした。
 本日(10日)の午後9時より放送の「行列のできる法律相談所」の来週の予告に銀じが登場する予定です。タレントのフィフィさんに司会の島田紳助さんが「歯茎が馬かロバに似ている!」とツッコミを入れるシーンに小さく登場するそうです。
 早めにこのページをチェックした皆さんは見ることが出来るでしょうが、本編は来週ですので…突然の告知になったことはお許しください。ま、たいした扱いじゃないので大々的に宣伝はしませんでした。これで銀じのテレビ登場は二度目になりました。

ブラウザの「戻る」ボタンで戻って下さい

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー