壮大な計画…でも急ぎで!

10月26日
  この夏は、幸いにもこちらの地方では大雨はありませんでした。
 とはいえやはり、時々は強い雨が降ることがあってつい先日も強く降る日がありました。

 実はずいぶん前から銀じの家の屋根が老朽化(?)により雨漏りが止まらなくなってきているのです。
 これまでは雨漏りがするようになると、ブルーシート(の銀色のやつ)を上からかぶせることで対処してきました。ところが最近のシートの材質が薄くなったせいか、張る作業中どこか傷をつけてしまうのでしょうか?雨漏りが止まらないようになってしまいました。

 屋根を作り直そうとしても、住んでおられる方(銀じ)がいますので一日で作業を完了させる必要がありますが、そんなことは不可能です。
 それに銀じの家は、増築に次ぐ増築で元の姿がわからないほどに変わっています。
 屋根も同様で、屋根が無かった場所まで屋根が延長されたりしています。

 ですので、簡単に屋根材を変更するだけでは雨漏りを防ぐことができないようになってしまっているのです。

 これまで「銀じ小屋建て直し」の次に根本的な解決法として考えてはいたのですが、あまりに壮大な計画であるため実行に移せないでいた計画を実行しなければ解決しないところまで追い込まれました。その計画は以下のとおり!



 ↑の写真は銀じ小屋の全景ですが、オレンジ色の線のように柱を立て、これを土台にして屋根をつけます。
 つまり、銀じ小屋の上全体を覆うように屋根を追加するのです。

 これなら一日で完成する必要ありません。
 たとえ工事中に雨が降っても最悪でもこれまでどおりの雨漏りの程度で済みます(雨が降れば必ず雨漏りをするというわけでなく、ひどい雨のとき・風の強いときにだけ雨漏りするのです)。

 完成すると屋根の大きさは二間×二間(7.2メートル×7.2メートル)の大きさになり、最も高いところで4メートル少々の高さになる予定です。もちろん私の作った物の中で最大になります。
 そして屋根が完成すると今度は土台に壁がつけられ、今より一回り大きな小屋になる予定です。

 壁のことはともかく、屋根は早く完成させないと雨漏りに悩むことになりますので一日も早い完成を目指します!(材料費が心配だ…)

ブラウザの「戻る」ボタンで戻って下さい

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー