チャカチャカ銀じの巻!

11月9日
  天気予報よりもずっと天気の悪い一日でした。

 そんな天気でしたので、銀じの屋根の工事は思うように進みませんでした。
 でも、↑このとおり!完成した日の様子がすでに見えるまでに…いくわけないじゃん。(天気が悪い様子がこの写真に現れていますね。なんだかぽや〜っとしたにじみ具合が…)

 


 …とこの日の午前中、いつものお散歩に出かけたのですが、家を出てからずっと銀じが落ち着きの無い様子でした。理由は良くわかりませんが、こんな日がたまにあります。
 でもこの日はいつもよりさらに落ち着きがありませんでした。途中ずっと小走りで走ってみたり、自分勝手に歩こうとしたり…
  こういうときに限って子どもが近寄ってきたりしてヒヤヒヤしました。

 また別の親子が近づいてきたとき銀じのチャカチャカはピークに達しました。(銀じにしては)大暴れ!一時は制御不能かと思いました。子どもたちにはロバがかわいいだけな動物でないところを見せてしまいましたが、これも良い教育になったか?

 時間の問題で落ち着くだろうと思っていましたが、あまりにも制御しにくくなってしまったため基本に立ち返り、落ち着かせる努力をしてみました。

 まず長く持っていた引き綱を短めに持ち、拘束しない程度に動きを封じます(馬は暴れ出すと暴れている自分自身に興奮してしまってさらに暴れるという悪循環に陥ります。自分の影や、暴れたために起こる物音に反応するのだと思います)。
 そして低く落ち着いた声で「ほ〜」の声をかけます。こういうとき、落ち着かせるはずの自分が落ち着いていないとこの声を出すのが意外に難しいのですが、そこは努めて落ち着いた声を出すのがポイント。
 本当は危ないのでタブーだと思いますが、体をくっつけてやると安心するかもしれませんね。

 ま、そんな感じでなだめたところ、それまでのチャカチャカがうそのように落ち着きました。
 お散歩コースで銀じが一番落ち着いて歩ける場所に差し掛かったのも幸いしました。

 


 このあと近所の方に出会いましたが、銀じはおとなしくおでこをなでさせたりしていました。
 おとなしい銀じに戻ったようです。

 こうした気まぐれが何によるものかはわかりませんが、何かの原因は(銀じの言い分では)あるのでしょう。いつかはそんな銀じの気持ちが解るようになりたいものですが、まだまだ勉強です。

ブラウザの「戻る」ボタンで戻って下さい

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー