喪失感…!

 もう二週間前のことになるのですが1月12日、「秋山工房」のミチルさんからの電話で起こされました。
 めったなことでは電話で連絡などしてこない人からの電話です。良い知らせでないことは電話に出る前からわかっていました。それにしても…

 銀の森牧場の常連さん「春駒屋」さんが亡くなったというのです。

 銀森掲示板にも何度も書き込みをくださいましたし、「秋山工房」さんへお邪魔した際にも何度もお会いしていた方でした。
 それより何より、人間と動物の関係について志を同じくする仲間でしたので、これまでコミュニケーションをとっていた以上に親しみのある方でした。
 こういう言い方をしてはマズイでしょうが、亡くなったと聞いてもある程度年齢のいっている方ならば何かしらの心の準備があるもので、ショックは大きくとも納得できる部分が無いとは言えないでしょう。

 しかし今回はまったく予想だとかそういう心の準備のないままの知らせでした。

 失ったものが大きすぎてしばらくの間呆然とし、「ひょっとしてたちの悪いうわさやデマの類なのではないか?」と思ってみたりもしたのですが、最初のミチルさんからの連絡でそのような類でないことはわかっていただけに自分を慰めるすべはありませんでした。(補足の説明ですが、前回の銀の森牧場通信は前日のうちに作成済みで、アップするだけの状態になっていたので、そのへんのことは前回の更新では触れていませんでした。)

 こちら千葉とあちら山梨で地理的な隔たりはあるものの、いつでも会える“気になって”いましたが、そのような軽い気持ちをあざ笑うかのような現実が突きつけられました。これほどまでに「一期一会」を現実として実感したことは無かったと思います。

 まだまだ彼女との議論や話題のネタはたくさんありましたし、この先少しずつそれら話題について触れていくつもりでした。
 でもその機会は永久に失われたのです。

 「いつかは馬と暮らしたい」という希望も彼女がいればこそ現実味のある夢(彼女の職業のひとつが「バクロウ」です。馬の取引をする仕事です。)でしたが、彼女がいなければそれは現実味の無い夢としか思えません。
 いつの日か彼女に選んでもらった馬と暮らせると思っていました。

 私よりずっと親密な交際のあったミチルさんやその家族にとっての心の痛みを思うと、私の喪失感などたかが知れたものでしょうが、この喪失感と「もっと話しておけばよかった」という後悔は本物です。

 おそらく彼女が動物を飼う者として決してやってはいけないと考えていたであろうこと、「動物より先に逝ってしまう」ことをご自身でやってしまったのです。どんなに後悔しているでしょうか、心残りだったでしょうか。

 この知らせには本当に驚かされたのですが、実は一番驚いているのは春駒屋さんご本人のはずです。
 彼女の声で「なんで死んじゃったかな〜?」と言う声が今も聞こえるようです。



 ↑上の写真は2006年5月3日に撮影したもので、このコーナーに登場するのは二回目です。
 ゴールデンウィークを利用して秋山工房さんにお邪魔した際、春駒屋さん(右に写っている方、乗馬しているのは私です。)のご好意で春駒屋さんの馬、「梅太郎」君に乗せていただいた際の写真です。
 左に後姿で写っているボルゾイの「ありさん」も、もうこの世にいません。
  まさかこんな話題でもう一度この写真を使うことになろうとは思いませんでした。

 この写真をもう一度使ったのにはもうひとつわけがあります。
 というのは、春駒屋さんの飼っていた動物たちはこの梅太郎をのぞきほぼすべてが行き先が決まったり、とりあえず心配のない状態となりつつあります。

 でもこの梅太郎だけはまだ終の棲家が見つからずにいます。
 無理を承知で書きますが、梅太郎を一生大切にしてくださる方または、そういう方を知っていると言う方をご存知の方はすぐに私のところにご連絡ください。
 馬をペットとして最後まで世話をしてくれる方が少ない、というか日本にはほとんど存在しないことはわかっていますが、数少ない銀の森牧場ファンの中にそういう方が(奇跡的にも)いらっしゃることを望みつつお願いします。




1月25日

 二つ上の写真の梅太郎君に比べるといかに銀じが小さいかがお分かりになると思います。
 まして、梅太郎は“馬”です。ロバと馬は似てはいますが、やはりまったく別の動物です。ロバが一頭いるんだから、馬が一頭増えても大丈夫なんじゃないかと思われる方がいるかもしれませんが、素人には馬の扱いはやっぱり難しい部分が多いものです。ウチで梅太郎を引き取るわけにはいかないのです。



 私は銀じのためにも長生きしなければいけないと肝に銘じた一件となりました。

ブラウザの「戻る」ボタンで戻って下さい

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー