銀森キャンプ冬の陣、開催!

11月29日

 久々の更新の話題は「銀の森牧場キャンプ」です。

 そのつもりはなかったんですが、なんとなく恒例となっていて…というか、単にたまに集まって楽しく過ごしたい…という欲求が高まったころに開催しているような気がします。
 前回は夏の開催でしたが、今回は“冬の陣”です。寒すぎるのではないか?天候は?など心配事はありましたが、メンバーの日ごろの行いのせいか雨の心配のない予報となっていました。
 メンバーは…今回も“tomi”氏、“kazoo”氏のお二人です。

 28日午前10時集合…このお二人、大変すばらしいことに時間に正確なんです。時間ぴったりに、示し合わせたわけでもないのにほとんど同時に到着されました。

 当初の予定通り、到着後すぐに銀じのお散歩にお付き合いいただきました。



 “道草を食う”銀じを激写するtomi氏。

 そしてお散歩からの帰り道…



 自宅庭の駐車スペースにたくさんの車が停まっているのは、それだけでなんだかわくわくします。
 (念のために言っておきますが、自転車で来た人がいるわけではありません)

 んで、帰宅後にkazoo氏に頼んであったことがあったんです。それは…

 


 「kazoo氏プチリサイタル」です!

 kazoo氏は趣味が多彩な方で、トランペットの演奏もされるのです。しきりに恥ずかしがっておられましたが、またやってくださいね!今度は「近所迷惑に…」などと気にされず、思いっきり吹いちゃってください。

 そしてその後、昼食タイム。
 予想をこえて量が多かったので、予定より強めの午後のスケジュールとしました。

 


 まず一発目。
 前回“蛇だらけ”で撤退した穴の探索を行いました。

 さすがにこの時期には蛇がたくさんいるはずもなく、順調な探索となりました。
 ついでというか、おまけというか…このトンネルを抜けたところの谷の完全解明を目指たら、拍子抜けするほどに簡単に人がいるところまでたどり着きました。(この写真は、もうそのころ。歩いている道はまるで高速道路のように見えます。)

 その後訪れたのは…

 


 “斜面の穴”です。

 数年ぶりの再訪でしたが、私は比較的簡単に考えていたのですが、以前はきれいに刈られていた竹が再び猛威をふるい、当初まったく入り口がわからない始末。
 tomi氏が発見してくれたおかげで事なきを得ましたが、一人だったらあきらめて帰っていたかも…。
 この写真は「かなり気持ち悪い思い」をしつつも反対側に抜けたところ。入り口側は藪がひどく、写真どころではない(写してもそれとわからない)状態でした。

 もう一発の予定だったのですがやや時間が押していたこと、 装備が軽かったことから断念しました。次回にリベンジすればいいやね?

 それから買い物にまわってから家にもどり、テントなどの設置。夕食の準備とあわただしく過ぎました。(この時期は日没が早いのでいちいちあせりますね。)

 

 日が沈んでからはまったり呑みながら、野菜を焼いたり、肉を焼いたりすごしました。
 お互いの近況報告、あれやこれや×××な話まで楽しく過ごしました。私が思うに、人生に大切なのはこんな“非生産的”な時間だと思います。

 tomi氏より「このキャンプのチーム名、付けない?」と提案あり。なんにしましょうかねぇ〜?

 


 一夜明けた「銀森キャンプサイト」
 この写真撮影時、右側のテントからはkazoo氏のいびきがとどろいていた事は秘密です。

 


 銀じもすっかりお二人と仲良しになりました。
 ほらこんなに…

 tomi氏、kazoo氏、またお会いしましょうね!

ブラウザの「戻る」ボタンで戻って下さい

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー