銀森通信特別編!

12月13日

 本来このコーナーは銀の森牧場の今をお伝えするコーナーですが、今回は特別編。

 ネットつながりで知り合いになって(無理やり?)お友達となっていただいた「さく」さんのお宅をご紹介します。(あ!しまった!無許可だった!!!)



 真ん中にぽつんと移っているのがさくさんの「まい」ちゃんです。小さく写っていますが、銀じよりずっと大きいんですよ。つまりそれだけ広い運動場だということですね。



 まいちゃん、本当にかわいい子で見た目はもちろんなんですが、性格もおっとりとしていてすごくかわいいんです。

  だから…

 


 本当は乗りたくなかったんですが、是非にということで一応形だけまたがってみました。

 最初は鞍なしで乗ったんですが、このところの立ち仕事の影響で太ももの余計なところに筋肉が付いてしまったためにまったく安定して乗っていられず、鞍を装着してもらいました。

 それでやや安定はしましたが、この写真を見ると改めてわかるのですが、脚(きゃく。乗り手の足のこと)が開いてしまっています。これでは正しく乗れません。

  一度反抗するそぶりが見えましたので、そこで乗馬はストップ。そこで乗り続けてしまうと、ワタクシの変な癖が付いてしまう恐れがありました。
 まして、まいちゃんはまだ三歳とのこと。体もやっと乗馬に耐えられるくらいになったばかりなのかもしれません。つまり、こちらの要求に十分にこたえられるだけの筋力が付いているとは思えません。

 まいちゃんに今後乗馬としてどれくらいのレベルを要求していくかは、さくさんご夫婦が決めるべきことですのでワタクシが関与してはいけないことです。
 さくさんもかなりの経験がおありのようですので、ワタクシが助言できることは限られるのではないかと思いますが、今後壁に突き当たることや悩むことが出てくると思います。そんなときの解決のために少しでもワタクシの少ない経験や技術が役に立つならうれしいこと、と思っています。

ブラウザの「戻る」ボタンで戻って下さい

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー