祝!東面完成!!!

5月29日

 流されるように毎日を過ごしていると時間が過ぎているのが今ひとつ実感としてわかないのですが、つい先日“梅雨入り宣言”の報を聞きますとやはり、時は過ぎているのだなぁと強く感じます。

 さすが梅雨だけあって、昨日も今日も雨のやみ間というものがありません。
 したがって当然、銀じのお散歩にも出かけられません。銀じのお散歩に出かけられない条件は
 1.雨(または降りそうな天気)
 2.強風の日
 の二つです。

 雨は理解できると思いますが、なぜ強風の日?と思われる方もあるかもしれないので説明を付け加えますと、風が強い日は馬は非常に落ち着きを失います。(おそらく耳が風を切って周囲の音が聞こえにくいため)常にビクビクした様子が見られます。これは馬の話ですがロバも大きくは違いませんし、むしろ耳の大きなロバのほうが強風の影響は大きいと思われるので強風の日のお散歩は控えています。

 雨はひどかったですが屋内での作業ができるため、銀じの新しい家の作業は滞り無くすすめることができました。

 ↑の写真は入口付近の工事途中の様子。扉の支柱が新しくなり、さらにご注目いただきたいのは…




 ごちゃごちゃしていてわかりにくいですが、ここは元は壁に挟まれた場所でした。

 右側に新しい壁があり、左側の古い壁は撤去されています。
 実はこの壁撤去の作業はワタクシ的には非常に感慨深いものがあり、旧銀じ小屋の最後に残された遺構でした。

 壁は撤去され、支柱も半分ほどは撤去されました。
 物置部分がだいぶ広くなり、さらに天井が非常識なほどに高くなりました。




 この旧東側壁の撤去と入り口扉の工事は同時進行で行わなければならず、作業の進行としては中途半端で翌週に持ち越すことは避けなければいけません。(まして荒れ模様の天気が予想されているときはなおさらです)

 ↑のように入り口扉付近工事は意外にもスムーズに進行し、本日夕方には完成しました。

 写真右側に写っている構造はまったく新しい部分ですが、木材をリサイクルして使っているために“新しい”印象がないのが残念ですが、外した壁をそのまま新しい構造と出来るのは思惑通りでした。




 ここまでひと通り、ご説明したのとは別に昨日の作業で東側のスライド扉(↑写真中央の下側、複雑にでこぼこがある部分)の移設は終了済みでしたのでタイトルのとおり、東面は完成と相成りました。

 東側はわずかにアップグレードしていて、窓が一つ増えています。
 スライド扉の戸車がだいぶ磨耗していたので、ちょうど変え頃と新しいものと交換しました。レールの新調と相まって非常にスムーズな開閉が可能となりました。このへんの銀じの新しい家のギミックはそのうち新しいコーナーとして独立させてもいいかもしれません。はっきり言って結構自慢です(笑)。




 今週はお散歩に出られず、出番もなくちょっと可愛そうな銀じでしたので先週のお散歩中の銀じを一枚貼りつけておきます。

 

ブラウザの「戻る」ボタンで戻って下さい

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー