No!ヤク、3ぷぅ〜!!!

7月24日

 もう先週のことなんですが、こちらの地方でも航空防除(田んぼにヘリコプターで農薬をぶわ〜っとまくやつ)を行ったので先週のお散歩は中止。
 「21日間は農薬がかかったと思われる草は動物に食べさせないこと」というお達しがあったので、今週もどうしようかな?と思いましたが、せっかく良いお天気だったので出かけました。

 ここは田んぼから遠いので農薬の影響はないでしょう。
 あ、もちろん家の近くもね。

 ですので、道草は好きなだけ食べさせます。
 どうせこの先食べさせられない区間があるのですから。




 いつものコースを行こうかと思ったのですが、そのコースでゆっくり上質の道草を食える場所が少ないことを思い出し、少しコースを変更。
 このコースは途中雨が振りそうなときや、もしくは降ってきてしまった時のショートカットコースです。

 途中ため池があるのですが、今日は満水でした。時には干上がっていてそれを見た友人は「尾瀬沼かよ!」とのたもうてました。それはともかく…
 この池の付近ではウシガエル(食用ガエルともいう)の鳴き声が聞こえます。ふと水面を覗き込むと、でっかいオタマジャクシが泳いでいました(円内、ちょっと見づらいですね)。おそらくウシガエルのオタマなんでしょうね。ちょっとした小魚ぐらいの大きさがあります。
 ウシガエルはもちろん大きくなったときは相当に大きなカエルですが、オタマジャクシの時から大きいですね。ところがヒキガエルも大きくなると相当大きいですが、オタマジャクシや小さいうちのカエルってすごく小さいの知ってます?ちょっと不思議ですよね。




 ため池の写真を撮っている間、銀じは道草を食っていたのですが、絶対に水面の見えるところまでは近づきませんでした。銀じは水が嫌いな上に慎重な性格なんですね。「アブナイ!」と思ったのかな?

 ずっと大麦を育てていたと思ったのですが、収穫せずに切り倒してしまったようです。(↑の写真の茶色いところ)

 このあとすきこんで肥料にするのでしょうか。
 銀じは麦が実っている時からまったく興味を示さなかったので助かりました。たぶん、「枯れ草なんて食えるか!バカバカしい!」と思っているのでしょう。やっぱり青草命ですよね。

 

ブラウザの「戻る」ボタンで戻って下さい

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー