夢だったんだね

6月17日

 まずは、先週の報告から。

 ↓一部、お見苦しくそのまま掲載不可能でしたので一部画像を加工しております(笑)


 先週の「今週の一枚」でのご報告通り、お客様がいらっしゃいました。
 しかちゃんご夫婦のお二人です。

 ↑は、銀次の砂浴びを呆れて観察中のお二人。

 おそらく初めて大動物の砂浴びを見る人は、だれでもびっくりするものです。
 馬のオーナーで、乗馬クラブに預けている方が自分の馬が砂浴びするのを見て「うちの子は大丈夫かしら?」と、心配するのだそうです。一見するとそれほど激しく、それでいて恍惚とした表情を浮かべるのです。

 ただ、ある程度動物の表情を見慣れている、もしくは理解している人ならば、気持ちが良くてやっていることは一目見ただけでわかるものです。

 で、このしかちゃんは、うれしいことに動物の感情を表情から読み取れる方でして、世界を旅された経験の中でたくさんの「幸福でない境遇にいるロバ」に出会ったのだそうです。
 そんな経験から「いつか自分の手でロバを飼って、そのロバと幸せに暮らしたい」という夢をお持ちです。

 しかちゃんとの会話から意外にも「ロバを飼ってみたい」という方の潜在的な需要、というかそういう夢をお持ちの方はたくさんいるようです。

 お二人とのんびりと、…そう、いつもよりさらにのんびりとお散歩を楽しんでいると、一人の少年が自転車で通りかかりました。
 たまたま、その時に銀次がタケノコをくわえているのを見たその少年、わざわざ銀次のためにタケノコをひとつとって皮をむいてくれました。




 皮がむけるのをじっと待っていた銀次、そして少年から「よし」の声が掛かると、食べ始めました。
 こうした様子を見ていると、銀次は自分より力の弱い対象に本当に優しくします。
 乱暴なことも一切せず(もちろん本能に基づくアレ(←鼻パンチ)はやっちゃいますけどね…)、「まて」の声にも素直に従います。

 飼い主としては嬉しい限りですが、ちょっとだけ悔しくも感じます。だって、慣れてくればくるほど乱暴になってくるんですから。

 さて、希望通り銀次にタケノコをやれた少年、満足して「またね!」と去って行きました。




 いつもの空き地でいつもの何倍も時間をかけて“放牧”を楽しんだ銀次、満足できたかな?

 そしてその間、しかちゃんご夫婦とゆっくりとロバ談義を楽しみました。
 この日ワタクシゆーじ母が不在だったため、なんのおもてなしも出来ませんでした、反省。

 しかも母手作りジャム(今回はいちご)をお渡しするのも忘れてしまった…。

 これに懲りずまた来てくださいね。しかちゃん!
 今度はちょっとでも乗ってもらえるかな?

 

ブラウザの「戻る」ボタンで戻って下さい

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー