季節はずれのツクツクボウシ

10月28日

 そうなんです、季節はずれのツクツクボウシが遠くで鳴いているなぁ〜と思ったら…(種明かしは最後に)

 土曜日は晴れ、日曜日に雨というパターンが続いていますが、まさか今週まで!?と思ったら今週も、でした。

 ですので、以下は昨日のお散歩の様子。
 いい天気でした。


 いつもの放牧地にて。

 ゆっくり写真が撮れるのは、いつもここ。
 実は前回の更新から新しいカメラを使っているのですが、いい意味で違和感のない仕上がり。
 日食の撮影試験中に壊してしまった前カメラのまえに使っていたサイバーショットL1は映像的には私の好みでしたので、そっち系の映像だといいなと思って購入を検討したカメラですがなぜかソニーは選ばず、キヤノンを選択しました。

 最近のやたらと画素数だけ多いカメラ(特にコンデジ系)に多い“画素はあるけどピクセル等倍で見るとぼやけている”傾向は拭えませんが、それでもこの機種は大健闘と言っていいと思います。
 申し遅れました、購入した機種は“パワーショットD20”です。

 無意味に画素数が多いのは他社のコンデジと同様ですが、1200万画素とちょっと控えめ。ソニーの同等の機種は1600万画素とわけの分からないレベル。そんなにいらね〜っつうの。画素を多くするくらいなら受像素子の面積を多くして欲しいのですが、ボディーをコンパクトに抑える必要から難しいんでしょうね。

 ↑の写真を見ても分かる通り、シャドー部の描写がとてもナチュラルです。キヤノンの映像エンジンの優秀さをかいま見せる一枚ではないでしょうか。




 それから周辺部の収差の少なさも前カメラに比べるとずいぶんと優秀。
 期待していなかったのですが、動画性能もかなり優秀でした。光さえ豊富な環境であれば、かなり見れる画質です。ただし、やはりパンには弱いみたい。動画はやはり専用機(安いやつでも)に軍配が上がるようです。


 ↑ほら、こんな逆光でもキレイでしょ?ストロボもたいてないんですよ。

 なんだか専門用語の多いカメラインプレッションな今週の銀森でした。分からない用語があったらグーグル先生に聞いてみてください。

 んで、種明かし。
 ツクツクボウシの鳴き声の主は“モズ”でした。
 モズはすぐそこにいるのですが、鳴き声は少し距離のあるときの鳴き方に似ていました。モズが聞いているツクツクボウシの鳴き声なんでしょう。そういえば、モズは漢字で書くと“百舌鳥”と書きます。その名前からも鳴き真似をすることはよくあることなのでしょう。他の鳥の鳴きマネもよくしていますから、モズをよく見かける方はその鳴き声にも注目してみてください。本当のモズの鳴き声はどんな鳴き声?観察してみてください。

 

ブラウザの「戻る」ボタンで戻って下さい

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー