ああ!とてもお散歩日和なんだけど…



2月10日

 立春を過ぎるとやはり、いくぶんか春を感じることが多いものです。

 寒いことに変わりはないですが、ときには今日のように風もなくてまさに“おさんぽ日和”な日もあります。

 もうオオイヌノフグリが咲いていて、いかにも春を感じられます。


 お散歩コースの青草も場所が限定されてしまっていて、どこでも道草を食えるわけではありません。(それでも青草があるだけマシですが…)

 いまお散歩コースのどこにでも生えている草は、寒さ(霜)に強い種類だけのようです。
 ↑で銀次が食べているのはギシギシの出始めのやつ。出始めはやはり美味しようで、この時期はよく食べます。




 こんな幸せなお散歩もそろそろ終わりみたいです。
 なぜならほら↑杉がこんなにまっかっか。
 ああ、憂鬱。

 銀次はこの先に生えている青草を早く食べたくて不満顔。




 ああ、そうそう。春を感じるものがもう一つ。
 田んぼで見かけたカエルの卵。

 春ですなぁ。

 

ブラウザの「戻る」ボタンで戻って下さい

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー