気がつけば年の瀬…

12月15日

 このところすっかり朝晩の冷え込みが厳しくなりました。
 そうするとロバの銀次の好きな青草の種類も量もがっくりと減ってしまいます。

 ですが、少なくなったとはいえ全くなくなることはありません。
 この辺りの地域がいかに温暖であるかを示しているように思います。




 ↑の場所は去年発見した場所で、冬の間中ずっと青草が姿を消すことはありませんでした。

 右側は道路であんまりほったらかしに出来ないのが難点ですが、ちょっとの間なら大丈夫。それに、見通しが良いので近づいてくるものがあれば遠くから確認できます。

 しばし道草を楽しむ銀次。


 何を熱心に食べているかというとこちら↑

 草丈も低く、葉の大きさも小さく…でも本数はたくさん生えているという…遠くから見ると芝のように見える植物。
 この植物はそれほど日当たりの良くない場所でもよく育ち、しかも銀次が冬の間好きでよく食べている草です。

 正式名称は知りませんが、広く言えば雑草なんでしょうがどこにでも生えているというわけでもなく…不思議なことにこの季節まではあまり目立った存在でもありません。


 日差しも温かいし、ずっとこうしていたいところですが、そうもいきませんのでこのあたりで切り上げます。


 そうそう、このあたりでは一年中タンポポが咲いているんですよ。霜だっておりるのにがんばっててエライねぇ。

 

ブラウザの「戻る」ボタンで戻って下さい

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー