ロバってなに食べるの?!

1月26日

 ………という質問をよく受けます。
 「ロバはね、みんなの夢を食べる」………とかいう話題じゃありません、今回は。




 ↑本文と関係ありません。

 ロバの銀次が食べるものといえば、あまりに日常的でありすぎて質問を受けるまでは忘れてさえいるような話題です。

 現在銀次の主食は乾草です。
 ちょっとマニアックな話になりますが、乾草の種類としては「チモシー」と「ルーサン」の二種類です。

 かつてはチモシーのかわりに「スーダン」という種類の乾草を食べていたのですが、ある日突然食べなくなってしまったのでチモシーに変更しました。


 ↑本文と関係ありません。

 また、毎月決まった時期に飼料やさんに買い出しに行き、その量は平均するとルーサンが一個。チモシーが二個です。
 それぞれ一個あたり22〜24kgほどの重さ(ハーフサイズという)がありますので、だいたい一日あたりの消費量がわかりますが、そのすべてを口に入れているわけではないことを付け加えておきます(結構な量を残すので捨てています、モッタイナイ)。


 ↑本文と関係ありません。

 モッタイナイといえば、冬の時期は銀次のふとん用の乾草を用意しています。本来は食べるためのモノを敷物にしてしまうのですから、ある意味大変もったいないのですが、麦わらが手に入りにくいので致し方ありません。
 コスト的には麦わらより安いかも。

 去年までは「アメリカンクレイングラス」という種類の乾草を布団にしていたのですが、今年は手に入りませんでした。
 ですので、今年は「トールフェスク」という乾草に変更しました。
 繊維が少し細すぎる気もしますが、柔らかさは申し分ありません。あ、それとふとん用の乾草に大変重要な要素なのですが、「銀次が食べたがらない」(つまり、マズイ)必要があります。この点では、今回のこのトールフェスクは申し分なく銀次の食べ物としての興味はまったく感じられません。

 ちなみにアメリカンクレイングラスもトールフェスクもハーフサイズではなくフルサイズしかありません。当然重いです、そして大きすぎて両手で抱えられないので非常に持ちにくい…このためだけに「手鉤」という道具も用意しています。これがないと一人で持つのが非常にムズカシイ…。


 ↑本文とは関係あり………オイ!銀次、放っておかれても全然平気って、ちょっとさみしいじゃねぇか!

 

ブラウザの「戻る」ボタンで戻って下さい

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー